就労支援事業について
就労支援事業とは、2006年に施行された障害者自立支援法が定める事業の一つであり、一般の企業に雇用されることが難しい障害を持つ方々が職業訓練も含めて働ける場を提供することにより、積極的な社会参加を支援する事業です。障害者の方々に就労の機会を提供する「継続支援」と、知識や能力の向上を図り一般企業への就職を目指す「移行支援」があり、ベルカントでは双方の事業でメンバーを受け入れています(継続支援はB型にて認可取得)。

事業所の紹介 事業所の紹介

PRのお手伝いが得意です
このような職場であるベルカントでは、企業や各種団体のPR活動用の各種タオルやTシャツの加工作業を主に受託しています。品質の高い国産の素材をベースに、企業や自治体、ショップなど様々な分野のPRをお手伝いしています。特に、学校関係や地域のクラブチームなどのスポーツ団体向けの製品に力を入れていますが、これは代表者が少年サッカーチームを運営しヘッドコーチも行っているからです。メンバーのパワーとPR製品のパワーが、真剣にスポーツに取り組む人のパワーになってくれればと、心をこめてご提供しています。

事業所の紹介 事業所の紹介

明るく広い職場で伸び伸びと
ベルカントでは、交代制で約40名のメンバーが、分担して加工作業に取り組んでいます。作業や連携を身につけて、自立して積極的に社会参加を果たせることを目標に、委託された仕事を日々きちんとこなしています。天井の高い明るい職場は、真剣に加工作業を行うメンバーの活気にあふれています。これからも、地域と障害者と各種企業・団体の懸け橋になれるように取り組んでまいります。

事業所の紹介 事業所の紹介